ウィングスパン:レビュー

ボードゲーム

はじめに

こんにちは、りんご飴です。

今回は、「ウィングスパン」ついて紹介いたします。

概要

ウィングスパンというゲームでは、プレイヤーは鳥類愛好家となり、自身の管理する鳥獣保護区に多くの鳥を呼び寄せ、鳥たちの能力を使い生態系を強化させ、最も多くの勝利点を獲得したプレイヤーが勝利します。

ゲーム名 ウィングスパン
対象年齢 10歳以上
プレイ人数 1〜5人
プレイ時間 40〜70分
ジャンル 競争型エンジン・ビルド(拡大再生産)
販売時期 2019年
デザイナー エリザベス・ハーグレーブ
販売元 アークライト

内容物

  • ルール説明書:1冊
  • 別冊付録(カードの説明、早見表など):1冊
  • オートマ説明書:1冊
  • 目的ボード:1枚(両面仕様)
  • カードトレイ:1組
  • 個人ボード:5枚
  • 餌箱型ダイスタワー:1組
  • スコアシート:1冊
  • 鳥カード:170枚
  • ボーナスカード:26枚
  • 卵トークン:75個(5色・各色15個)
  • 専用ダイス:5個
  • アクションコマ:40個(5色・各色8個)
  • 餌トークン:103個(果実・19個、魚・21個、無脊椎動物・21個、げっ歯類・21個、種子・21個)
  • 目的タイル:8枚(両面仕様)
  • 親マーカー:1枚

準備

共通の準備

  • 鳥カード:全ての鳥カードをまとめてシャッフルし「鳥の山」を作り、テーブルの中央に置く。すぐそばに捨て札の山も作成。
    カードトレイの蓋などを使用して、鳥の山から3枚引き、表向きで場に出す。
    画像の右側の水色の羽の模様が鳥カード。
  • ボーナスカード:全てのボーナスカードをシャッフルし「ボーナスの山」を作成。
    鳥の山の近くに置くと良い。
    画像の左側の緑色がボーナスカード。
  • 共通在庫:餌トークンや卵トークンを全員が手の届くところに置く。

画像は私のコンポーネント。左が共通在庫、右が全カードを収納したもの。
どちらもキャンドゥで購入した物です。納まりが良くて小分けの袋を使えば、各プレイヤーの初期コマ・トークンをまとめられ、ボックス内に収納できます。

  • 餌箱:餌箱型ダイスタワーを置き、裏から5個のダイスを入れる。
  • 目的ボード:今回のゲームで採用する目的のタイプを決める。
    対応する面を表にしてテーブルに置く。

    緑の面は各目的について1〜3位まで競う。

    青の面は目的が「配置しているカードやトークン1個につき1点」という競争が緩やかで、初心者にはおすすめ。
  • 目的タイル:全てのタイルを内容を見ないようにまとめてシャッフルし、目的ボードの各マスにタイルのどちらの面でもいいので配置する。
    残りのタイルは今回のゲームでは使用しない。
    画像は青の面に目的タイルを配置済み。

各プレイヤーの準備

各プレイヤーは次の物を得ます。

  • 個人ボード:1枚
  • 好きな色のアクションコマ:8個
  • ボーナスカード:2枚(山札の上から引く)
  • 鳥カード:5枚(山札の上から引く)
  • 餌トークン:5個(各1個ずつ)

5枚の鳥カードにうち、任意のカードを捨てることができる。
残すことにしたら、残す鳥カードの枚数分、任意の餌トークンを捨てる。
(残す鳥カードに対応する餌を残すと良い)

ボーナスカード2枚のうち1枚を選んで、もう1枚を捨てる。
 (鳥カードとの関連を確認して捨てると良い)

親プレイヤーを決め、親は親マーカーを得る。

ゲームの流れ

このゲームではラウンドを4回繰り返し、各ラウンド中、各プレイヤーは自分のアクションコマを全て使用するまで、時計回りの順で手番を実行する。

手番の流れ

各手番中、手番のプレイヤーは4種類のアクションの中から1つを実行する。

  • 手札の鳥カードのプレイ
  • 餌の獲得と森林の鳥の能力発動
  • 産卵と草原の鳥の能力発動
  • 鳥カードの獲得と湿地の鳥の能力発動

餌の獲得・産卵・鳥カードの獲得は、どれも次のステップに分かれる。

  1. 個人ボードの3種類の生息地のうち1つを選択し、1番左の空いているマスに自分のアクションコマを置く。そこに描かれているボーナスを得る。
  2. 置いたアクションコマを左に1マスずつ動かし、「起動時」と書かれた鳥カードの上に置かれるたびにその効果を実行する。この時にあえて能力を発動しなくてもよい。
  3. アクションコマがボードの左端に達したら、能力の起動は終わり、コマを残して手番を終了する。

鳥カードのプレイ

鳥カードを場に出すには、餌と卵のコストが必要になる。
描かれている餌がワイルドなら好きな餌を与え、餌不要の鳥は支払いがいらない。

卵の支払いはボード上側に書かれている。1番左は卵なしで配置でき、それから右に行くにつれて卵を支払うので、鳥カード上に置かれた卵から指定された個数を支払う。

生息地に鳥カードを左詰めで置く。生息地が複数ある場合は、任意の生息地に置く。

鳥カードの効果は3種類あり、
白の「プレイ時」はそのカードを置いた時に発動し、その後コマが乗っても発動はしません。
茶色の「起動時」はコマがその上に置かれるたびに発動します。
桃色の「次の手番までに1回」は他のプレイヤーの手番にのみ発動可能です。

餌の獲得と森林の鳥の能力発動

森林の1番左のマスにコマを置き、描かれているダイスの数分、餌箱型ダイスタワーから回収する。ダイスは端に置いておく。
ダイスの上面に描かれている餌を獲得。(/)で分けられていたらどちらかを獲得。
ダイスがなくなったら、すべて振り直す。この時、餌がまだ個数分回収していなくてもダイスを振り直して、新しく出たダイスから選べる。

餌に上限はないので、なくなったら別のもので代用する。

産卵と草原の鳥の能力発動

草原の1番左のマスにコマを置き、描かれている卵の数分、上限の達していない鳥カードの上に好きなように置く。(鳥カードがないと卵を置けません)

鳥カードの獲得と湿原の鳥の能力発動

湿原の1番左のマスにコマを置き、描かれている枚数分、鳥の山かトレイの3枚の中から選ぶ。

トレイの鳥カードは、空いていたら手番終了時に補充する。

ラウンドの流れ

全プレイヤーがアクションコマを使い切ったら、ラウンドは終了して次の手順を行う。

  • 各プレイヤーは自分のボード上のアクションコマを手元に戻す。
  • 目的ボードのラウンド終了時目的にコマを置く。
  • トレイ上のカードを全て捨てて、山札から補充する。
  • 親マーカーを時計回りで順で渡す。

プレイヤーは各ラウンド毎にアクションコマを1つ目的ボードに置くので、ラウンドを迎える毎に手番が1つずつ減る。

ボーナスカードについて

ボーナスカードは最初に選んだカードと鳥の効果により追加で獲得できるカードのみです。

勝利点を稼ぐにはボーナスカードを獲得できる効果を持つ鳥を入手し、ボーナスを得るための条件をクリアする必要がありますが、加点は大きいのでボーナスを狙うのも1つです。

ゲームの終了と勝敗

4ラウンド目の終了とともにゲームも終了。
点数計算をするために付属のスコアボードを使用する。

合計勝利点が最も多いプレイヤーの勝利となります。

おわりに

ざっとした紹介になってしまいましたが、いずれプレイ記録でも実際の動きを紹介できたらと考えています。

このウィングスパンはルールもそこまで難しくなく、初心者でも遊びやすい面白いゲームです。
何よりも鳥の絵が素敵で、170枚どれも違う鳥で描かれており、個人ボードも手帳型と細部に至るまでデザインが凝っているボードゲームです。

それにドイツで最も有名なボードゲーム賞の「2019年ドイツ年間ゲーム大賞」のエキスパート部門の大賞を飾りました。

大賞と言うこともあり、ゲームシステムがしっかりしており、何度遊んでも同じ様な手は使えず、リプレイ率が高いゲームと感じました。

「オートマ」と言うシステムを使えばソロプレイ可能なので、今後ソロプレイの記事も書いてみます。

拡張版の「欧州の翼」と言うものが日本語版で出るようなので、そちらも無事に手に入れられたら、紹介記事とプレイ記録を書いてみます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました