宝石の煌めき:レビュー

ボードゲーム

はじめに

こんにちは、りんご飴です。

今回ご紹介したいボードゲームはこちら、

箱を撮りたかったのですが別の場所に保管してあるので、普段使いしているポーチですいません。

「宝石の煌めき(splendor)」をご紹介します。

概要

宝石の煌きではプレイヤーは宝石商人となり、鉱山から資源を築き職人を雇って、地位や名声(勝利点)を獲得していくゲームとなっています。

2014年のドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされた人気の高い作品で、初心者でも遊びやすく、2020年現在でもよく遊ばれるゲームだと思います。

シンプルなルールとゲームが進んでいくうちに自分の思い通りにマーケットが展開するような、拡大再生産を楽しめるゲームシステムです。

ゲーム名宝石の煌めき(splendor)
対象年齢10歳以上
プレイ人数1〜4人
プレイ時間30分
ジャンル拡大再生産
デザイナーマーク・アンドレ
販売時期2014年
販売元ホビージャパン

内容物

  • 説明書:1冊 (画像にはありませんが)
  • 宝石チップ:40枚(黒、白、赤、緑、青は各7枚。特殊トークンの黄色は5枚)
  • 宝石カード:90枚(ランク1は40枚、ランク2は30枚、ランク3は20枚、)
  • 貴族タイル:10枚

宝石チップ

宝石チップは少し重めの作りになっており、カジノで使われるような本格的なチップで、質感が良くゲームの臨場感が高まります。

ゲーム上では通貨として扱われ、これらを使って得点カードを購入していきます。
黄色の特殊チップはいわゆるワイルド扱いで、どのチップの色にも扱えます。

宝石カード

宝石カードは宝石チップを使って購入します。
カードの左上に白い文字で描かれた数字が得点となり、左下の色が付いた丸が購入に必要な宝石チップになります。
右上の宝石マークは、宝石チップの代わりとなるボーナスです。

画像は例なのですが、この緑のカードを獲得したいとするなら、白は3枚持っているので支払いはなし、赤は2枚とチップ1つ、緑はチップ2つで購入できます。
※獲得した宝石カードを捨てたりする必要はないです。所持していればずっとその分の色が割引されます。

貴族タイル

貴族タイルは宝石チップで購入はできず、タイルに記された宝石カードの色や枚数を所持したターンの終了時に獲得できます。
※複数のタイルを獲得できる場合なら、ターンを分けて獲得する。

準備

準備はいたってシンプルで、

  • 場に宝石カードのサプライを作ります。
    各ランクの行を作り、山札から4枚引き、場に並べます。
  • 宝石チップはサプライの脇に置いときます。
  • 貴族タイルはその時のゲームの人数+1枚並べます。

ゲームの流れ

親を決め、親プレイヤーから時計回りに各プレイヤーは手番を迎えます。

各プレイヤーが自分の手番にできる行動は3種類あり、そのうちの1つを選択します。

  1. 宝石チップの獲得
    宝石チップを獲得するときは、3色を1枚ずつ取るか、1色を2枚取りをするかの2択です。
    ただ、1色2枚取りをする場合はその色のチップが4枚以上ないとできません
    また、黄色の特殊チップは通常の購入はできません。
    ※宝石チップは10枚までしか所持できません。10枚以上になる場合は手持ちのと交換可能。
  2. 宝石カードの購入
    手持ちのチップを使って場に並べられたカードか、山札の上のカードか、予約しているカードを購入できます。
    購入したカードは自分の前に並べ、チップは山に返します。
  3. 予約カードと特殊チップの獲得
    場に出ているカードの内から1枚選び、黄色の特殊チップ1枚とともに獲得できます。
    予約(確保)したカードは自分しか購入できず、自分の場の脇においておく。
    黄色の特殊チップはワイルド扱いなので、購入時どの色にでも代用できます。
    ※この黄色チップも通常のチップの枚数制限に含みます。

自分の手番に上記のうちから1つを行動したら、次のプレイヤーの手番に移ります。

ゲームの終了と勝敗

ゲームの終了は「誰かが15点獲得」した時のラウンドで終了します。

15点に到達したプレイヤーから1周し、最後の人の手番が終わった時に得点が高い人の勝利です。

もし、この時点で同点のプレイヤーがいた場合は、購入したカードの枚数が最も少ない方の勝利です。

※ちなみに私の友人同士で遊んだ時のローカルルールでは、15点以上にプレイヤーが複数現れたら、その人達だけで「20点」を目指したサドンデスを繰り広げてました(笑)

おわりに

宝石の煌めきはシンプルなルールと簡単なセッティングでゲームを始められ、初心者でも充分に楽しめるゲームです。

良い点と悪い点をあげるなら、

  • 良い点

    ルールがシンプルで初心者でも気軽にできる

    ゲームが進むにつれて行動が増えるのが楽しい

    慣れてくるとゲームを早く終え、2回戦目に入りやすい(リピート率が高い)

    収納しやすい(笑)
  • 悪い点

    場のカードは運要素があり、予約カードや宝石チップの獲得に関しては早い者勝ちなので、思うように行かない場面がある(これは仕方ない)

    宝石チップがちょっと重い(笑)

私ごとですが、上の方に貼った画像のようにポーチ1つに収まるくらいで、実はこの中に拡張版も収納してあります。(ちなみにポーチはダイソーで¥330で買いました)

拡張版を導入するとゲーム性も広がり、通常のプレイとは違った楽しみ方ができます。
こちらもいずれ記事にしたいと思っています。

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました