ドキっと! アイス:ルール&レビュー

ボードゲーム

はじめに

こんにちは、りんご飴です。

アイスと言ったらバニラ、イチゴ、チョコレート、抹茶、ラムレーズンetc.

皆さんはどのアイスの味が好きですか? 私はアイスの中ではクッキー&バニラ味が一番好みです! バニラの甘みとクッキーのほろ苦さが絶妙にマッチして、時々大きな塊のクッキーが入っているのが嬉しいです! それと昔はよくチョコチップを勘違いして購入したのはいい思い出です笑

アイスはどの味も美味しくてたくさん食べたいけど、お腹を壊すこともあるので注意が必要ですね。

ボードゲームの世界でもアイスの食べ過ぎには注意が必要です。

ポイントになるからと言ってたくさん取りすぎると、崩れて折角の努力が溶けてしまいます。実はそのこつこつ集めた努力が誰かの策略であるかもしれません。

暑い夏を迎える一足先にヒンヤリとした気分を味わえる、トリックテイキングのゲーム「ドキッと! アイス」を紹介します!

ゲームの概要

フレーバー

プレイヤーは「アイスだいすきクラブ」のメンバーとなり、ハッピーアイスフェスティバルに参加します。

しかし、クラブの予算が決まっていてコーンに乗せられるアイスの数が限られており、自分のコーンにアイスをたくさん乗せるには他のメンバーとの競争に勝たなくてはいけません。

ただし、乗せられるアイスの数にも注意が必要です。4つ以上のアイスを乗せると崩れてしまいます。

アイスを崩さずにたくさん食べれるよう上手く立ち回りましょう!

内容

「ドキッと! アイス」はトリックテイキングを採用したゲームです。

親から順にカードを出し、その色に従って次の人も同じ色を出して行きますが、出せなかったら任意の色を出します。出されたカードを確認して勝敗を決め、勝った人は満足チップを獲得します。

一定のラウンドを迎えたらゲームが終了し、満足チップが一番多い人が勝利します。

見た目が可愛らしく、ルールも簡単なので初心者の方でも十分楽しめると思います!

こちらのゲームは2020年に「アークライトゲーム賞」を受賞しています。

ゲーム名 ドキッと! アイス
プレイ人数 2〜5人
プレイ時間 20分
対象年齢 8歳〜
ジャンル トリックテイキング・ハンドマネジメント
デザイナー らなとパパ
イラスト 井上磨
販売元 アークライト
販売年 2020年

ゲームの準備

各プレイヤーはコーンタイルを1つ受け取り、自分の前に置きます。

ゲームで使用するアイスの色は、人数によって変わります。

人数 2人 3人 4人 5人
色の数 3色 3色 4色 5色

選んだ色のカードとアイスタイル・トッピングタイルを用意して、それ以外は箱にしまいます。

今回使用するアイスタイルを色ごとに分けて裏向きにしてよく混ぜます。その後に各色ごとに積み重ね、その近くにトッピングタイルと満足チップを置きます。

今回使用するカードを全て裏向きでシャッフルし、山札を作ります。その後プレイ人数に応じた枚数を各プレイヤーに配ります。

人数 2人 3人 4人 5人
枚数 6枚 8枚 10枚 12枚

手札は他の人に見えないように持ち、残ったカードは脇に寄せます。

最近アイスを食べた人が親になります。決まらない場合はじゃんけんなどで決めましょう。

ゲームの流れ

ゲームは「ラウンドとターン」の2つの構造で分かれています。

カードを1枚ずつ出し合って、アイスタイルを獲得するまでの流れをターンと言います。

ターンを重ねて誰かが満足チップを獲得するまでがラウンドと言います。

ラウンドを重ねて満足チップを10枚以上獲得したプレイヤーがいたらゲームが終了し、順位を決めます。

ターンの流れ

親が手札から好きなカードを表にして場に出します。

親からみて時計回りの順に他のプレイヤーは1枚ずつカードを出します。

この時に出すカードは、親が出したカードと同じ色でなくてはいけません!

同じ色が手札にあれば、その色の中から任意の数字カードを選びます。

同じ色がない場合は、他の色で任意のカードを出します。(嘘をついてはいけません)

全員がカードを1枚ずつ出したら、「強さ比べ」をします。

強さ比べ

「場のカードが1色の時」

一番大きい数字カードを出したプレイヤーが勝ちます。

勝った人は場に出たカード全てを獲得し、自分の手元に裏向きで置きます。

「場のカードが2色以上の時」

一番小さい数字を出した人が勝ちます。

勝った人は場に出たカード全てを獲得し、自分の手元に裏向きで置きます。

※ 数字が同じだった場合は、より後ろにカードを出した人が勝ちとなります。

アイスタイルの獲得

場のカードを獲得したプレイヤーは、色を確認します。

1色の場合は、カードと同じ色のアイスタイルを上から1枚獲得します。

2色以上の場合は、獲得したカードの色の中から1つを選び、そのアイスタイルの上から1枚獲得します。

いずれの場合も対象となる色のアイスタイルが場に残っていなかったら、他の好きな色のアイスタイルを1枚獲得します。獲得したアイスタイルは表向きにして、自分のコーンタイルの上に配置します。

星マークが付いているアイスタイルを獲得したら、追加でその色に対応したトッピングタイルを獲得します。獲得したらすぐに乗せます。次のラウンドに持ち越すことはできません。

次のターンに移る

「強さ比べ」に勝ったプレイヤーは、次のターンの親になります。

全員が手札を使い切るか、誰かが4枚目のアイスタイルを獲得してしまったら、「ラウンドの終了」に移ります。

ラウンドの終了

ラウンドが終了すると得点計算を行います。

各自はコーンに乗っているアイスを食べて満足感を得ます!

自分のコーンタイルの上にあるアイスタイル・トッピングタイルは全て1枚1点になります。その数と同じ分だけの満足チップを獲得します。

ただし、アイスタイルを4枚乗せてしまったら崩れてしまい、満足チップを獲得できません。(トッピングチップは何枚乗っていても大丈夫です)

次のラウンドの準備

各プレイヤーは獲得したアイスタイル・トッピングタイルを場に戻して、タイルと手札の準備を行います。

次のラウンドの親は、満足チップが最も少ない人になります。該当者が複数いる場合は、前のターンで親だった人が選びます。

ゲームの終了

得点計算が終わって満足チップを10枚以上獲得したプレイヤーがいたらゲームが終了します。

順位を決めて、最も多くの満足チップを獲得したプレイヤーが1位となり、同数のプレイヤーがいたら同じ順位になります。

忘れやすいルール

「トッピングタイルは何枚持っていてもアイスタイルの枚数には含めない」

なので1回の得点計算で最高得点は、アイスタイル×3枚とトッピングタイル×3枚の計6点となります。

「次のターンの親は、前のターンで勝った人。次のラウンドでの最初の親は、その時一番満足チップが少ない人」

同数いたら前のターンで親だった人が決める。

スリーブ

このゲームのカードサイズは「89×57mm」です。

このサイズに合うおすすめのスリーブは「ホビーベース 両表面エンボスマットスリーブ ソフトタイプ 58.5×91mm」 です!

このスリーブはハードタイプと違って柔らかい素材ですが、凹凸があるのでシャッフルがしやすいです。

使用するカード枚数は65枚です。このスリーブは101枚入りなので1袋あれば十分足ります。

感想

トリックテイキング系で初めて遊ぶには、比較的に簡単なルールでどうすれば得点に繋がるのかを見つけやすい方だと思います。

キャラクターの絵柄も可愛く、カラフルなアイスを重ねていくのは映えます笑 プレイ人数によって使用しない色、つまりは女の子がいるのは心苦しいですので、全色使用できる分プレイしましょう!

また、旧版と違ってタイル類が厚紙になり、触りやすいので快適さもUPしています!

終わりに

「ドキッと! アイス」いかがでしたか?

トリテゲーの中では、単にカードを出して終わりではなく、見栄えするタイルを使ったところが特徴的なゲームですね。

このゲームは京都にいた頃に遊ばせてもらいました。丁度、夏を迎えたばかりの暑い時期でしたが、涼しいボードゲームスペースで、涼しいテイストのゲームをやったのはいい思い出です。

皆さんは今年の夏はどんなゲームで過ごしますか?

楽しいゲームが終わったら、美味しいアイスを食べてヒートアップした頭を冷やしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました