コロレット:レビュー

ボードゲーム

はじめに

こんにちは、りんご飴です。

今回ご紹介するのは、「コロレット(Coloretto)」と言うカードゲームです。

こちらの作品は、カラフルなカメレオンのカードを一定枚数集めると得点になるが、3色以上集めるとマイナス点になったりと、どの色を増やすか集めないようにするか、ジレンマを抱えた手札管理を主としたカードゲームです。

デザインが良くてゲーム性も面白く、初心者でも簡単に楽しめるゲームだと思います。

概要

ゲーム名コロレット(Coloretto)
プレイ人数2〜5人
プレイ時間30分
対象年齢8歳以上
ジャンル手札管理
販売時期2003年
デザイナーミヒャエル・シャハト
販売元メビウスゲームズ

内容物

  • カラーカード:63枚(7色各9枚)
  • +2カード:10枚
  • 最終ラウンドカード:1枚
  • ジョーカー:2枚
  • ゴールデンジョーカー:1枚
  • 列カード(茶):5枚
  • 列カード(緑):3枚(2人プレイ用)
  • 得点カード:5枚(表裏合わせて)

カラーカードのカメレオンは全部で7色あり、どれも細部に至るまでデザインが高いです。

ゲームの準備

1.各プレイヤーは得点カードを1枚受け取り、表と裏どちらを使うか相談します。

※ 初めてプレイするなら茶色面をオススメします。

2.3人以上でプレイする場合は、列カードをプレイ人数分並べます。残りは箱にしまいます。

※ 3人でプレイするときは、カラーカードを1色全てをゲームから除きます。

3.各プレイヤーはそれぞれ異なるカラーカードを1枚取り、自分の前に表向きにして置きます。

4.最終ラウンドカード以外のカードを全てシャッフルし、山札とします。その山札から15枚を取り除いて、その15枚の山の上に最終ラウンドカードを置いて、元の山札をその上に重ねます。つまり最終ラウンドカードは山札の下から16番目にあることになります。

5.スタートプレイヤーを適当な方法で決めます。

ゲームの流れ

手番

自分の手番になったら、下記のアクションの中から1つ選んで実行します。

  • A.山札からカードをめくり、列カードの隣に置く
  • B.列カードからカードを取って、手番から抜ける

A.山札からカードをめくり、列カードの隣に置く

山札の上からカードをめくり、表向きで列カードの隣に置きます。

列カードの隣には最大で3枚までカードを置けます。既に3枚置かれている列カードの隣には置けません。

全ての列カードの隣に3枚のカードが置かれていたら、このアクションを選べず、列カードのどれかを全て受け取って、手番から抜けなくてはいけません。

B.列カードからカードを取って、手番から抜ける

任意の列カードを選んで、列カードとその隣のカードを全て受け取って、自分の前に色ごとに分けて置きます。

ジョーカーを受け取ったら、脇に置いておきゲーム終了時に任意の色にするか決めます。

ゴールデンジョーカーを受け取ったら、同じように脇におきますが、山札から1枚めくって自分の前に置きます。

ラウンドの終了

全てのプレイヤーが列を1つずつ受け取ったら、ラウンドが終了します。

列カードを場に戻して、列カードを最後に受け取ったプレイヤーから次のラウンドをスタートします。

ゲームの終了・勝敗

「最終ラウンドカード」がめくられたら、そのラウンドの最後までプレイします。このカードをめくったら脇に置き、代わりのカードをめくります。

ラウンド終了時にジョーカー類を持っているプレイヤーは、どの色にするか決めます。

各プレイヤーは、場のカラーカードを確認して、何色を何枚持っているか集計します。

任意の色を3色選んで、それらをプラス点として、それ以外をマイナス点として計算します。

「+2カード」は、1枚につき2点プラスとなります。

得点チャートを確認して点数を計算します。

茶色面か青色面で点数が異なります。

画像は例として撮りました。

緑・黄色・赤の3色をプラス得点として、青をマイナス得点として集計します。

緑は6枚で21点、黄色はジョーカーを含めて5枚で15点、赤は3枚で6点、+2カードの2点、青は2枚で−3点となり合計41点になります。

2人ゲームの場合

2人ゲームの場合、少しルールが異なります。

  • カラーカードを2色分すべて取り除きます。
  • 最初に両プレイヤーは、異なる色のカラーカードを2枚取って自分の前に置きます。
  • 列カードは茶色ではなく、専用の緑色のを使用します。
  • 緑の列カードは、1・2・3と隣に置けるカードの枚数が通常と異なります。
  • 両プレイヤーが列カードをそれぞれ選んだら、残った列カードの隣のカラーカードはゲームから取り除かれます。

おわりに

どの色を集めてどの色を集めないようにするか、そのジレンマに悩まされるゲーム性です。

カードをめくって列カードに置く際は、他のプレイヤーの有利にならないように置いたり、逆に自分の有利になるように置いたりと、そう都合良くいかないのが悩ましいところですが、気軽にできるカードゲームなので、初めてでも十分に楽しめます!

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました